フリーローンの金利の決め方って?

フリーローンの金利の広告を見ていると、疑問に思ったことはないでしょうか?

 

「年率4〜18%」、という表記のことです。

 

これは、年率4%で借入をできる人と、18%の利率で借入をできる人がいるということになります。同じローンなのに、かなり幅広い利率ですよね?いったいこの金利の差はどのように決められているのでしょうか。

 

その話をするには、まず金利の決定方法について理解する必要があります。

 

金利の決定方法とは

 

銀行や消費者金融、いずれのローン業者でも、金利を決定する際にはスコアリングといわれる数値が参照にされます。これは申し込みした人間のいくつかのステータスをあわせて明確に数値化したもので、単純に数字でもってその人間の信用度を図るものです。

 

その数値化のためには、年収の額、他社への貸し付けの有無、給与所得者か個人事業者か、過去の返済実績に問題はなかったか、返済が滞った万一の時に担保となるような不動産はあるか、といった事柄がチェックされます。

 

これらの事柄を総合的にまとめて数値化して、申込者の信用度を決定し、対象となる金利が決まるわけです。信用度が高ければ金利は低く、引くければ金利は高くなります。

 

金利が上がってしまう危険性

 

また、このスコアリングの数値によってあまりに問題があるとされれば、金利決定以前に貸付そのものが断られることもあります。金融業者も一企業ですから、貸付したら必ず返却はしてもらいたいと考えます。

 

ですので、優良なスコアリング数値をたたき出すような高年収だったり大企業に勤めている人を優遇することは自明の理です。金利を安く設定すれば、確実な返済が見込めるだけでなく、今後も自社で借入を行ってくれるかもしれないと業者側は考えるわけです。

 

逆に、たとえ年収が一定以上あったとしても、過去の返済に問題があったり、浮き沈みの激しい個人事業主だったりすると、信用度は落ちてしまい、金利は跳ね上がる、という傾向にあります。

 

初めて借り入れるという場合も、信用がないわけですから、ある程度金利は高く設定されます。その人となりを知らない人間を信頼できるかを判断するには年収などからしか見ることができないわけですから、致し方のないところです。借入を行うときはそれを承知の上、申込を行い、返済の遅延だけはしないように心がけたいものです。