フリーローンとカードローンの違い

フリーローンとカードローンは混同されがちですが、厳密にはどう違うのでしょうか。

 

フリーローンは使用用途が自由なローンと定義されているので、カードローンもフリーローンに含まれるといえます。しかし狭義には違いがあり、金融業界では使い分けられています。

 

借入可能額内で後からまた借入ができるか

 

例えば借入可能額が50万円のフリーローンを利用して、50万円を借入したとします。その後30万円返済して借入残金が20万円になったら、返済して減った30万円分をまた後から追加で借入することは、フリーローンではできません。50万円全額返済した後に、また新たにローンを利用しないといけないのです。

 

カードローンの場合では、同じく限度額50万円をこっちはカードローンで利用します。30万円返して借入残金20万円すると、返済したぶんの30万円はまた追加で借入できます。新たにローンを利用する必要がなく、ATMなどに行けば特別な審査もなにもなしでカードで借入できるのです。利用する側からすると、カードローンのほうが便利ですね。

 

金利の高低

 

カードローンは限度額内であれば後からでも借入が自由で便利な為に金利は若干高めです。利用者は、借入額に余裕ができるとまた借りる傾向があるので、ローン会社からすると全額返済不可能になるリスクが高いので、金利も高めになっています。フリーローンは全額返済しないと後から借入できないので、そのぶん金利は低めです。

 

審査の基準

 

審査の基準は、カードローンのほうがフリーローンよりも若干審査は厳しくなっています。それは金利の理由と同じで、カードローンのほうがローン会社にとってはリスクが大きいからです。それだけ信頼できる人物なのかどうかを確認する必要がある為に厳しくなっています。