銀行フリーローンのイイところ!

フリーローンは、銀行またはその他金融機関の商品に、大きく二分することができます。

 

それぞれに色々な特徴があるのですが、ここでは銀行のフリーローン商品を利用するメリットについて詳しく見ていきましょう!

 

銀行フリーローンを利用するメリットを以下に纏めてみました。

 

総量規制に当てはまらない

 

総量規制という言葉を耳にしたことがある方も多いかと思います。これは、貸金業法という消費者金融の運営にかかわる法律で定められた「利用者の年収の3分の1を超える貸し付けは認められない」という決まりです。

 

消費者金融で借り入れをする場合は、この決まりのために“年収によって借入額の上限が決められてしまう”わけですが、銀行法という独自の法に従い運営されている銀行は、総量規制の対象になりません。ですから、消費者金融を利用するよりも(交渉次第では)大きな借入が期待できるわけです。

 

低金利である

 

銀行のフリーローンは、消費者金融などに比べ、一般的に金利が低く設定されています。消費者金融の年利が4〜18%ほどに対し、銀行の年利は4〜15%程度。

 

少しの違いにみえるでしょうが、年利が数%違うだけで返済額は大きく変わってきます。また、大抵の利用者には最高金利(最高金利に近い金利)が適応されるため、この年利の上限の数%という違いが、返済にあたり大きな意味を持ってくるのです。

 

銀行という安心感

 

やはり、銀行には、銀行ならではの“丁寧で落着いた接客サービス”があります。また利用する上で、銀行という“ブランド”が、安心感を与えてくれますね。

 

利用方法が便利

 

消費者金融を利用した場合には、近所のATMを利用して借入・返済ができるとは限りません。特定のATMを利用する必要があることが多いのですが、大手銀行のフリーローンを利用すれば、基本的に借入・返済はコンビニATMで気軽に行うことができるのです。

 

おすすめ!人気のフリーローンはこちらでわかりやすく紹介されています!