金利を下げるためのチェックポイント

カードローンの審査が終わってようやくお金を自由に借りられるようになった、と思っても、事前に期待していたより金利が高かった、ということはよくある話です。後になって、こんなはずじゃなかった……と後悔する前に、知っておくべきポイントをまとめておきましょう。

 

利用規約によっては、カードローンを契約した後で金利を下げられる場合もあります。カードローンを活用していくためには、金利はなるべく低いに越したことはありません。

 

ここではカードローンの契約が済んだ後に金利を下げる方法を述べますが、カードローンをまだ申し込んでいない人でも、覚えておけば予備知識として役に立つはずです。

 

金利と借入限度額は連動する

 

あまり知られていませんが、カードローンの金利は借入限度額と連動しています。金利を下げるということは、借入限度額を上げるということとイコールになります。それほど大金を借りる予定はないという場合でも、限度額が大きいほうが金利が低くなって借りやすくなります。

 

むやみに借入額を増やさなければ限度額が大きくても困るわけではないので、金利を下げるためには借入限度額をできるだけ大きくしましょう。

 

借入限度額の増額が可能かどうか

 

利用規約によって、借入限度額の増額を申請できるかどうか分かります。増額申請を許していない場合は、一度限度額が決まったらこちらの都合で変更することはできませんので、金利を下げることもできないわけです。その場合は、他のカードローンに申し込み直すことも検討するべきでしょう。

 

万が一、利用規約を読んでも表現が専門的で今ひとつ理解できない場合は、聞くは一時の恥と言います。カードローンのヘルプデスクに電話して確かめましょう。

 

まだカードローンを申し込んでいない人は、カードローンを申し込む前に利用規約を熟読して、後で借入限度額の増額申請ができるかどうかチェックしておくべきだと覚えておいてください。

 

金利を下げるにはそれまでの実績がものを言う

 

借入限度額の増額申請が可能だと分かったら、次は自分の今までの信用実績をチェックしましょう。借入限度額の増額には改めて審査が伴います。最初に申し込んだ時と同様に、信用実績がものを言うのです。

 

これまでにどれだけ堅実に借入と返済を繰り返してきたか、その積み重ねが実績になります。また申し込みの時点と比べて勤続年数や年収が増えていれば、それも反映します。以上を踏まえてカードローンのヘルプデスクに相談すれば、増額申請の資格があるかどうか、ある程度の感触は掴めるのではないでしょうか。

 

借入限度額の増額のためには、申し込み直後ではまだ実績が足りません。少なくとも半年以上、できれば1年以上滞りのない借入と返済が続いていることが実績になります。また、毎月最低限度額の返済しかせず、とりとめなく借入額を積み上げていくよりは、借入額限度額に余裕ができるように計画的に元金を減らす額の返済を続けたほうが、信用実績としてはベターです。

 

金利が下がれば返済も楽になり、借りやすくなります。返済額のトータルで見てもお得です。借り過ぎに気をつけさえすれば、金利を下げるために借入限度額の増額にチャレンジしてみましょう。