フリーローンとは?

金融機関のローンを利用しようと思った場合、その内容や特徴などを調べて自分に合ったものを見つけようとするでしょう。その中でフリーローンをいう言葉をよく目にすると思います。

 

フリーローンはフリーで利用出来るローンのことであり、カーローンやマイホームローンのように使用用途が決められていないローンです。カーローンは車の購入資金として利用できるローンであり、マイホームローンは、自宅を購入する場合に利用できるローンになっています。

 

便利に活用できるフリーローン

 

このようなローンは借入金額は申込者に入るのではなく、直接支払先に支払われるようになっています。しかしフリーローンは利用用途が決められていないので、現金を借入することができます。

 

この借りたお金はどのように利用しても良いので、自分のライフスタイルに合わせて活用することができます。しかしフリーローンは便利な分他の用途が決まっているローンよりも金利が高く設定されているのです。

 

そのためフリーローンを利用する場合には、早く返済できる金額を利用するのがおすすめです。金利は高いですがこのように便利に活用できるフリーローンなので活用したいという人も多いと思います。

 

使いすぎだけには要注意

 

しかしフリーローンを利用する場合には気をつけなければいけないこともあります。それはあまりにも便利過ぎて錯覚してしまうという事です。

 

簡単に借りて返済することを繰り返しているうちに、自分のお金と勘違いして使いすぎてしまうということです。使用用途が決められていないので、しっかりと自分に歯止めをかけて利用しないといつの間にか負債が溜まってしまって返済が厳しくなってしまいます。

 

 

そのようなことにならないように、自分のお金ではなくて利息をつけて返済しなければいけないと常に思って利用しましょう。

フリーローンを低金利で探すポイント

 

フリーローンは使用用途に制限がない大変便利なローンです。しかし、利子がかかってくるのは当然ですので少しでも低金利のところを選びたいものです。低金利のフリーローンを選ぶポイントを2つ挙げてみましょう。

 

 

短期間での全額返済が可能な場合

 

今はお金がないが来月には確実に収入がある、と言った場合は無利子で借りることが出来ます。新生銀行グループの「NOLOAN」間以内の返済なら何度でも無利子で借りることができます。

 

また、初めてフリーローンを利用するという場合は、初回限定で30日間無利子で貸し付けしてくるところもあります。レイク、プロミスなどの大手消費者金融がその代表例です。

 

まとまった額で返済期間もある程度かかる場合

 

返済期間が数ヶ月にわたるような場合はどうしても利子がかかってくるので、少しでも低金利のところを探したいものです。銀行で借りるか、消費者金融で借りるか大きく2通りの方法があります。

 

銀行は金利は低めなのですが(年利12%前後)、その分審査は厳しくなります。一方、消費者金融は審査が通りやすい分、金利は年利17%前後と銀行よりは高くなります。